​札幌市公文書館

コタンペップロジェクトは、

円山の「いま・むかし・みらい」を

 

五感で楽しむアートプロジェクトです。

​イベント概要

photo:小牧寿里

ひろがれコタンワークショップ#03

さいごもめちゃクチャ CLOSING

10月1日(日)SIAF2017クローズ

参加:マユンキキ(アイヌ文化アドバイザー)、五十嵐淳(建築家)

会場:円山公園各所、円山登山道ほか

昼食:各自持参

クロージングに村をめいっぱい広げてみます。この日はクチャが大集合。アイヌ文化に触れるミニプログラムやワークショップなど集大成の内容です。今回はゲストというより皆さんが話題提供者です。みんなでワイワイ話しながら楽しみましょう。

【前半プログラム】

10:00~12:00 (9:45から受付)

集合場所:円山公園パークセンター 

参加人数:15名程度先着

これまでのツアーの集大成。円山の歴史、植生、アイヌ文化をテーマにみんなでわいわい話をしながら、片道40分程度の円山登山をします。集合時間に遅れないようご注意ください。登山に適した服装でお越し下さい。山頂で昼食となります。ご持参ください。

 

【後半プログラム】

クチャ(アイヌの狩り小屋)を模したテントを立てたり、けん玉、輪投げ、狩りを模した親子で楽しめるアイヌの遊び体験。マユンキキおすすめ図書や、アイヌ関係書籍を集めた青空文庫もオープン。

14:00~16:00 (途中参加見学OK)

メイン会場に直接お越しください。

コーディネーター:冨田哲司

協力:建築学生同盟北海道組、さっぽろ冒険遊びの会

​過去開催イベント

*本イベントは終了しました。イベントの様子はレポートをご覧ください。

ひろがれコタンワークショップ#01 

めちゃクチャOPENING

8月6日(日) 10:00~15:00 SIAF2017オープン

ゲスト:山道 陽輪 堀江 純子(一般財団法人アイヌ民族博物館 学芸課)

会場:円山公園内各所

昼食:各自持参

 

ピクニック気分で楽しめるワークショップです。 「クチャ」はアイヌの人たちが狩りの時に使う仮小屋のこと。まずは、草木を使用して、伝統的な方法で実際に作ります。その後、このクチャをモチーフに建築家五十嵐淳が設計した「ぺちゃクチャ」でコタンを広げてゆく体験型ワークショップを行います。自分たちで秘密基地のような居場所をしつらえたり、草木を使ったいろいろな遊びを楽しめます。親子で参加大歓迎です。

 

コーディネーター:冨田哲司
協力:一般財団法人アイヌ民族博物館、さっぽろ冒険遊びの会、建築学生同盟北海道組

​札幌市公文書館

*本イベントは終了しました。イベントの様子はレポートをご覧ください。

五十嵐淳、上遠野敏、マユンキキと歩くコタンペッ再発見ツアー

8月12日(土) 前半10:00~15:00 後半16:00~18:00
ゲスト:五十嵐 淳(建築家) 、上遠野 敏(札幌市立大学教授)、マユンキキ(アイヌ文化アドバイザー) 
会場:円山公園入口→円山八十八カ所登山→円山公園木道→メイン会場(交流会)
昼食:各自持参


札幌の開祖である島義勇が、札幌の町を構想したのは、「コタンペッの丘」と言われた円山山麓だと言われています。また、円山登山道は貴重な植生を擁する原始林の中にあります。前半は、 豊かな自然とともに、豊かな文化的背景を持つ円山のおすすめの場所や魅力を、空間デザインを担当した五十嵐淳氏、芸術祭の企画メンバーの上遠野敏氏、アイヌ文化アドバイザーでもあるマユンキキ氏に紹介してもらい、一緒におしゃべりしながら、まるっと円山を体感します。 後半は、自由参加の交流会をメイン会場で予定しています。
 

コーディネーター:冨田哲司

協力:アイヌ文化財団

​札幌市公文書館

*本イベントは終了しました。イベントの様子はレポートをご覧ください。

見えないものを見てみよう! コタンペッちゃクチャバーチャルツアー

8月20日(日)10:00〜12:00

ゲスト:谷本晃久(北海道大学 文学研究科 日本史学講座 アイヌ・先住民研究センター准教授) 

会場:円山公園周辺

開拓前夜、今も円山公園を流れる円山川は、かつて「ヨコシペッ(えものをねらう川)」と呼ばれ、 一帯はエゾシカが徘徊する深い森でした。また、「コトニ川」周辺には多くのコタンがあり、遡上した鮭が見られたと言います。円山の原始林から発する水脈は、同時に扇状地に住むアイヌ の人々を育んでいました。現代社会では見えづらくなっている札幌の姿を、コタン(人のいとなみ)とペッ(水脈)を手がかりに、開拓前夜、現在、未来を想像の翼で旅をしながら、多様な切り口で思考するトークプログラムです。
 

コーディネーター:冨田哲司

協力:特定非営利活動法人札幌オオドオリ大学

 

*本イベントは終了しました。

ひろがれコタンワークショップ#02 森で食ベる・話す・唄う

9月10日(日)10:00~15:00

ゲスト:マユンキキ(アイヌ文化アドバイザー)、作田 悟(アイヌ植物ツアーガイド)

会場:円山公園各所

昼食:各自持参

 

円山公園の原始林には多様な植物が自生しています。本ワークショップでは植物に着目し、アイヌの言葉や歌を楽しむワークショップです。草木は食べ物であると同時に、家や道具の材料であり、毒や薬でもあります。文字を持たないアイヌの人々にとって、植物の知識は生きるために欠かせないものでした。物語には植物を題材にしたものも数多くあります。アイヌのお二人をお招きして円山の森を一緒に楽しみましょう。普段何気なく見ている雑草も実は美味しいかも?

【前半プログラム】

10:00~12:00 (9:45から受付)

集合場所:円山公園パークセンター 

参加人数:20名程度先着

作田悟とマユンキキによるアイヌの植物ガイドツアー。話したり歌いながら円山一帯を徒歩で散策します。集合時間に遅れないようご注意ください。

 

【後半プログラム】

クチャ(アイヌの狩り小屋)を模したテントを立てたり、けん玉、輪投げ、狩りを模した親子で楽しめるアイヌの遊び体験。

13:30~15:00 (途中参加見学OK)

メイン会場に直接お越しください。

コーディネーター:冨田哲司

協力:建築学生同盟北海道組、さっぽろ冒険遊びの会、特定非営利活動法人札幌オオドオリ大学

​イベント参加方法

各回定員20名程度

先着順 当日9:45(12日後半15:45)から円山公園

パークセンターで受付

参加費無料

対象小学生以上(小学生は保護者同伴)

【アクセス】

札幌市中央区宮ヶ丘

●地下鉄東西線 『円山公園駅』下車2番出口徒歩 5分

●地下鉄東西線『西28丁目駅』から JRバス『神宮前』下車


【会場に関してのお問合わせ】

円山公園パークセンター

(円山公園管理事務所) 

011-621-0453

​ご注意いただきたいこと

屋外での活動となりますので汚れても良い動きやすい服装でお越し下さい。雨天、荒天時は予告なく中止や時間を短縮したり、屋内で実施可能なトークやワークショップに内容を変更することがあります。その場合立ち見や入場を制限することもあります。あらかじめご了承ください。詳しくはトップページの「コタンペッ速報」をご覧ください。

*会場に駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。ゴミはお持ち帰りください。

*会場に常時監視員はおりません。荷物を放置したまま長時間会場を離れるのはお止めください。また、会場で起きた盗難や紛失に関しては一切責任を負いません。

​ページTOP

© 2017 Kotanpet Project